制度案内

TOP > 制度案内 > PMS構築・運用 > スマホ等の利用者情報の取扱い

スマホ等の利用者情報の取扱い

スマートフォン(スマートフォンと同等の機能を有するタブレット端末も含む)には、利用者の行動履歴や通信履歴等の、個人を識別できる可能性があるプライバシーに関する情報(以下「利用者情報」という。)が取得・蓄積されます。

このため、プライバシーマーク制度では、スマートフォン等におけるアプリケーション配信事業者(以下「アプリケーション配信事業者」という。)に向けた事業者向けガイドラインを策定・公表するとともに、2014年1月14日に個人情報を取り扱う上で特に対応が必要な事項を「(スマートフォン等のアプリケーション配信事業者対象)利用者情報の取扱い、アプリケーション・プライバシーポリシーについて」として公表し、マークの付与を受けようとするすべてのアプリケーション配信事業者に対し、審査時に対応状況を確認しています。

プライバシーマーク付与を受けたアプリケーション配信事業者および、新規に付与を受けようとするアプリケーション配信事業者が、利用者情報を取り扱うために参考となる情報をご案内します。

JIPDEC公表資料

(スマートフォン等のアプリケーション配信事業者対象)利用者情報の取扱い、アプリケーション・プライバシーポリシーについて (2014年1月14日公表、2018年10月17日改正)

  • 一般社団法人モバイル・コンテンツ・フォーラム(MCF)を除く、すべての審査機関で適用されます。
  • MCFに審査を申請する事業者は、プライバシーマークの付与適格決定にあたり、「モバイルコンテンツ関連事業者のための個人情報保護ガイドライン」(事業者向けガイドラインの項参照)の遵守が必須となります。

事業者向けガイドライン

アプリケーション配信事業者向けのガイドラインは、プライバシーマーク指定審査機関の1つである一般社団法人モバイル・コンテンツ・フォーラム(MCF)において策定・公表されています。

モバイルコンテンツ関連事業者のための個人情報保護ガイドライン 第3版 (2018年10月12日改定)

スマートフォンのアプリケーション・プライバシーポリシーに関するガイドライン (2012年11月13日公表)

ページトップへ戻る