付与事業者: 15,515

制度案内

審査員募集説明会の案内

"企業の個人情報保護担当者のセカンドキャリアとして、士業等の個人事業主のもう1つの業務の柱として、プライバシーマーク審査員を広く募集しています!"

平成29年9月5日更新

プライバシーマーク推進センターでは、プライバシーマーク付与適格性審査を行うプライバシーマーク審査員を募集しています。

すでにプライバシーマーク審査員補の資格を持っている方、プライバシーマーク付与事業者の担当者等で定年退職後、セカンドキャリアとしてプライバシーマークの審査員としてご活躍されたい方、士業等の個人事業主でもう一つの業務の柱を検討されている方等、プライバシーマーク審査員の仕事に関心がある方を対象に、下記要領にて「プライバシーマーク審査員の募集に係る説明会」を開催します。

当協会の審査員になるためには、プライバシーマーク指定研修機関が開催する「プライバシーマーク審査員補養成研修コース」を受講後、一定の成績で合格(審査員補の資格を取得)した後、当協会にて「審査員補が審査員になるための実務研修」を受講していただく必要があります。
詳細については、「プライバシーマーク審査員の募集」をご覧ください。

審査員の募集案内

本説明会は当協会の審査員の募集です。他のプライバシーマーク指定審査機関の審査員をご希望の場合は、各審査機関にお問合せください。
「プライバシーマーク指定審査機関一覧」より、各審査機関にリンクしています。

プライバシーマーク指定審査機関一覧

開催日時

(第1回)平成29年9月4日(月)13:30~15:30 ※終了しました
定員:50名 ※定員となり次第、参加受付を終了させていただきます。

(第2回)平成29年度下期(予定)

会場

一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)第1、第2会議室

東京都港区六本木一丁目9番9号 六本木ファーストビル1階
※最寄駅:東京メトロ南北線 六本木一丁目または日比谷線 神谷町

プログラムおよび説明内容

ご挨拶・プライバシーマーク制度について

プライバシーマーク制度の概要と「プライバシーマーク審査員の募集に係る説明会」の趣旨を説明します。

プライバシーマーク付与適格性審査業務の概要

プライバシーマーク審査員として必要となる資質、当協会との「審査業務委託契約」で定められた審査員の役割及び審査報酬、発注件数について、当協会担当者よりモデルケースを使って説明します。

「プライバシーマーク審査員補養成研修コース」の概要

審査員補になるための「プライバシーマーク審査員補養成研修コース」の内容、期間、費用等について、プライバシーマーク指定研修機関の担当者より説明します。

「審査員補が審査員になるための実務研修」の概要

審査員補の資格を取得された方が当協会で受講する「審査員補が審査員になるための実務研修」について、「審査員補養成研修コース」終了から当協会での実務研修を経て審査員になるまでのリードタイム等も含めて、当協会担当者よりモデルケースを使って説明します。

プライバシーマーク付与適格性審査業務の実務

実際のプライバシーマーク付与適格性審査について、前回報告書の読み込み、審査対象事業者HPの確認、業種に関する調査(事前準備)から事前打合せでの確認内容(事前打合せ)、現地審査でサブ審査員が担当する作業(審査)、最初の改善報告書の確認のやり方(改善対応)、報告書の書き方(報告書作成)に至るまでの審査業務全体の流れについて、現役のプライバシーマーク審査員から説明します。

質疑応答(全般)

※プログラムは一部変更となる場合がございますのでご了承ください。

(重要)参加上の注意事項

本説明会に参加するにあたり、次の事項をご承知置きの上、お申し込みください。

  1. 審査業務は、一定件数の発注が保証されるものではありません。したがって、当協会からの審査報酬のみで現役世代が生計を営むことは困難であるとご理解ください。
  2. プライバシーマーク審査員には、コミュニケーション能力、文書作成能力、論理的思考力が必要不可欠の資質として要求されます(自己研鑽や実務を通じて取得できるITや法律の知識・技能より重要です)。
  3. 当協会と締結する「審査業務委託契約」は、70歳をもって契約解除年齢としています。
  4. 実務研修の成績次第では、当協会との「審査業務委託契約」を締結いたしかねる場合がございます。その際は、以降の実務研修をご辞退いただくことになります。
  5. 当協会と契約いただけるのは当協会の通勤圏内にご在住の方とさせていただきます。

お申込み方法

第1回説明会は終了しました。

お問合せ先

プライバシーマーク推進センター 庶務・経理グループ
電話:03-5860-7567

掲載日

平成29年7月20日

ページトップへ戻る